VPMAXスプレーの正しい使い方・使用方法は?洗い流す必要あり?

どうも、ジュンです。

VPMAXスプレーは、早漏を一時的に適度に遅漏化できるスグレモノです。パッと見、目立たないのがいいですね。パッケージがあからさまなものではないので。

携帯もできますし、いつでもどこでも使用できます。デートに、旅行に大活躍で人気上昇中です。

今回は、このVPMAXスプレーの正しい使い方についてご紹介します。

 

 

VPMAXスプレーとは

VPMAXスプレーは、多くの方に人気の早漏防止スプレーです。その人気の秘密は、VPMAXスプレーに含まれている主成分にあります。

それは、医学界でも使用されているリドカインと呼ばれる薬品です。

リドカインの医薬品専門書の説明では、「用途は局所麻酔薬,表面麻酔薬。プロカイン塩酸塩の数倍の強さ」とされています。

リドカインの麻酔効果は抜群に優れていると医療業界では有名なんですよ。

 

プロカインも局所麻酔薬で用途例は、予防注射の前に塗布し利用され、汎用性の高い普通の麻酔薬といわれています。

 

VPMAXスプレーは、これら以外にもメントールという成分が配合されています。メントールは、別名メンソールといいます。アルコールの仲間であり、敏感性を鈍らせる効果があります。

刺激に敏感なために起こる早漏に対して、セッ〇スに及ぶ前の10~20分前に男性の敏感部に吹き付けます。わずか数十分で有効になり、早漏の不安を払拭し自信をもって官能の世界に没入できます。

VPMAXスプレーは、早漏男子にとって「鬼の金棒」的な強さを発揮します。

ですが、単に吹き付ければいいのではありません。

使い方に注意点があり、この点に関して以下で解説します。

 

VPMAXスプレーの正しい使い方

写真に示していますようにVPMAXスプレーは、手のひらにすっぽりおさまる小さなものです。容量は10mlの少量です。ですから、長時間吹き付けるものではありません。

ペ〇スの敏感な急所部分を狙って「シュッ・シュッ」と的確に吹き付けます。急所は、亀頭部上~カリ部根元部から裏筋の数センチ部分です。

吹き付けは、個々の敏感性の感度に左右されます。日頃、挿入から射精までの時間が2分程度の早漏であれば、塗布は2,3回が妥当です。

ED気味の早漏の方は、EDの改善をできるだけ直してからの使用をオススメします。

早漏やEDには個人差があり、スプレーをどれだけ吹きつけるか、各自その量の調節が必要です。

 

 

VPMAXスプレーを使用するうえでの注意点

基本としては、性行為の約10分前には、敏感部に1~3回ほどスプレーします。

約10~15分の経過後、成分の吸収を確認し、シャワーで洗い流します。

 

吹付け後、シャワーを使わない場合は、必ずコンドームを装着しましょう。

いわゆる「ナマ」だと、女性の感度を麻痺させてしまう可能性があるからです。特に、陰毛には吹付けしないように注意してくださいね。

 

VPMAXスプレーを使用後は洗い流す必要がある?

VPMAXスプレーを使用したら、セッ〇ス前、スプレーの浸透効果(10~20分後)の確認後、必ず洗い流します。理由は、口入れとか挿入で洗い流しがないと、にがりや麻酔効果の可能性があり、相手が迷惑するからです。

パートナーのテンションをただ下がりにしないためにも、しっかりと洗い流しましょう。

 

VPMAXスプレーの使用が向いている人

・早漏の症状があり、パートナーを満足させられているか悩んでいる
・すぐに射精してしまうため、もっと長く性行為を楽しめるようになりたい
・持ち運びに便利なスプレータイプの薬を探している

 

VPMAXスプレーの効果持続時間:スプレー後、約数分で効果があらわれ、持続時間は約30分前後です。

※体調や体格により効果の時間には個人差があります。

 

 

【関連記事】

VPMAXスプレー実践者の口コミレビュー評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)