スーパーPフォースの副作用が心配。吐き気や下痢が出る?

どうも、ジュンです。

早漏がひどくてまともにセックスできない男子にとって、つい頼りたくなるのが早漏防止薬。

しかし、薬である以上、気になるのがその副作用。

今回はスーパーPフォースを服用した場合、どのような副作用を起こす可能性があるのか、それについてまとめていきたいと思います。

 

副作用を気にする以前にそもそも服用してはならない人

スーパーPフォースの主成分は「シルデナフィル」と「ダポキセチン」です。これらに対して、アレルギー反応を起こしてしまう方はそもそも服用ができません。

また未成年や高齢者、そして普段から服用している医薬品やサプリメントによっては同時に飲むことによって健康被害を起こす場合があります。

例えば、Lトリプトファン、リネゾリド、ニトログリセリン、アンカロン錠といったものですね。抗うつ薬や抗真菌薬もこれに該当しますので、くれぐれもご注意ください。

スーパーPフォースの使用を検討しているけれども少しでも不安がある場合や併用禁止薬に該当しているのかわからない場合は医師に相談しましょう。

「シルデナフィル」はバイアグラの主成分ですから、日本国内でバイアグラを処方する医院で医師に相談をすることができますし、「ダポキセチン」のようなSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を早漏防止のために処方している日本国内の医院もあります。

 

スーパーPフォースの副作用は?

バイアグラの主成分でもあるシルデナフィルは、血管が拡張して血流が良くなる作用があります。

その副作用として、「顔のほてり」「目の充血」「めまい」「腰痛」「胸やけ」が出る可能性があります。

ですが、これらの症状は軽いものであることが大半で、時間を置けばおさまるものです。

ただし、体調が悪くなった時はセックスを続けるなどの無理をせずに安静にするようにしてください。

 

一方、早漏防止成分のダポキセチンが原因で引き起こすと言われている副作用は、下痢・吐き気・胃もたれ・倦怠感・頭痛ですね。下痢をもよおす方は特に多いようです。あまりに頭痛がひどい場合は、ロキソニンやバファリンといった頭痛薬を併用して痛みを鎮める手段をとるのはアリです。

 

もし以上で見た副作用が出た場合でも、4時間~6時間で症状がなくなるようであれば特に問題はないとされていますが、それにも個人差があります。少しでも、身の危険を感じた時は落ち着いて冷静に対処するようにしてください。

 

【参考記事】

スーパーPフォースを最安値で購入するならココ

スーパーPフォースの正しい飲み方

スーパーPフォースを実際に購入した人の口コミ体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)