【早漏防止】フェミニーナ軟膏の副作用が心配だけど大丈夫?

どうも、ジュンです。

フェミニーナ軟膏が早漏防止に役立つということを知人を介して知りました。

早漏の僕にとって救世主となってくれるのか!?と期待が膨らみますが、直接チンチンに軟膏を塗るということで心配なのがその副作用。

早漏防止の代償として、健康を損なう重大なことが起きたら大変です。

そこで、今回はフェミニーナ軟膏の副作用について書いていきたいと思います。

 

フェミニーナ軟膏の気になる副作用

フェミニーナ軟膏にはリドカインという早漏を防止する効果のある局所麻酔薬が入っています。即効性があり、歯医者なんかでも一般的に使われている信頼度・安全度の高い薬となります。

 

リドカインに副作用はあるのか?

結論から言えば、リドカインに副作用はほとんどありません。

しかし、ごくまれに副作用を引き起こすことがあります。

軽度の副作用
体のほてり
動悸
めまい、立ちくらみ
眠気
吐き気
塗布部位のかゆみ、かぶれ

 

重度の副作用
アナフィラキシーショック
悪寒、冷汗、顔面蒼白
手足の冷え・しびれ
じんま疹、全身発赤
顔や喉の腫れ
呼吸困難
意識喪失
眠気、震え、痙攣などの中毒症状

なにやら恐い文言が並んでいますね。これらは実際に起こりうる副作用の種類です。副作用を引き起こす人は、リドカインアレルギーを持つ人です。リドカインを使う前にこのアレルギーを持っているかどうか、皮膚科でアレルギー検査を受けることができまうので、念には念を入れたい場合はオススメします。

 

【結論】フェミニーナ軟膏は使って大丈夫なのか?

さて、ここまでかなり驚かすことを言ってきましたが、これまで説明してきたことは医療の現場で、局所麻酔薬として使った場合の話です。

早漏改善のためにリドカインを含んだ市販薬を使うことで、↑で紹介した副作用を引き起こすことはほとんど考えられません。

というのも、フェミニーナ軟膏はもともと皮膚に塗る前提でつくられている薬であって、街の薬局で医師の処方箋がないのにも関わらず店頭ですぐに購入できるのは特別、医学に関する知識や経験がないような僕たち一般人が使用しても大丈夫なように、あらゆる角度からの実験により安全性が確保され、国から販売が許可されているからです。

よって、フェミニーナ軟膏を早漏防止の手段として使っても人体にはたいして問題はないと言えます。

ただし、何年も継続しての使用やセックスするうえでの毎回の使用は控えたほうが無難でしょう。

というのも、フェミニーナ軟膏を使うことで感度が鈍くなり、結果的に薬剤性EDになる恐れがあるからです。薬による勃起不全のことですね。

フェミニーナ軟膏を使用することで早漏防止ができるのはまず間違いないですが、それは抜本的・根本的な解決方法ではない\ということだけ頭に入れておいてください。

 

【参考記事】

・フェミニーナ軟膏を実際に使った人の口コミとその効果

・フェミニーナ軟膏の効果的な使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)